ブラック企業に残る人の理由。今すぐ逃げ出そう

ブラック企業

こんにちは、元社畜のよっしーです。

ブラック企業は離職率が高いですが、人が次々辞めていっても何年も残っている人がいると思います。

普通の人からするとなんで辞めないんだろう?と思うはず。

僕はブラック企業で8年間ぐらい働いていた経験があります。

実際に僕もなかなか辞められませんでした。

そこで今回は僕が8年間もブラック企業を辞めれなかった経験をもとに、ブラック企業でずっと働らいてしまう理由を紹介します。

ブラック企業に残る人の理由

ブラック企業に残る理由は大きく2つあります。

  1. 内的理由
  2. 外的理由

1.内的理由

・ブラック企業だと思っていない

普通の人からすれば、今働いている職場はブラックです。ですが残っている人の中には、前の職場の方が過酷すぎて現在の環境が楽に思えてブラック企業と自覚していません。

ブラック企業の中でも上、中、下が存在します。

・ブラック企業からブラック企業へ転職している

転職してきた人に「どうしてここに入ったの?」と聞くと、「前の会社もブラックで次こそは・・・」とよく聞きます。

30代、40代になると転職も厳しくなり、採用されるのはブラック企業ばかり。

なのでブラック企業の中でなるべく給料の高い場所や自分に合った場所を見つけて家族のために働いています。

「あと数十年我慢するだけ」と自分に言い聞かせて奴隷のように働いている人もいました。

自分もこんな風になるのかな?と思いながら働いていました。

・再就職できるか不安

僕もそうなんですが再就職できるか不安でした。

理由は「リーマンショック」です。

僕はリーマンショックの時に就職活動をしていて、大学を卒業ギリギリで就職が見つかりました。

苦労して「やっと内定もらった!!」と思い入社したのがブラック企業でした。

せっかく苦労して入社できたのに、すぐ辞めても「再就職できない」「あの就職活動の苦労を味わいたくない」と思い転職をあきらめていました。

正直、ブラック企業でずっと働く方がしんどいです。

転職してみて思ったのが「え?こんな時間に帰れるの?」「時間が余り過ぎて何しよう?」と逆に時間がありすぎて困ったぐらいです。

現在は企業もどこも人材不足です。

最近は転職のCMや広告もたくさんあります。

再就職できないと思わず少しでいいので転職活動をしてみてください。

おすすめ転職サイト
ウズキャリ:ブラック企業を徹底排除!
独自の厳しい基準があって、すべての企業に直接訪問して基準を満たしているか確認。
内定率83%以上!定着率も93%以上で高いです。

・まじめで責任感が強い

ブラック企業で働けばすぐに仕事が任せれます。

理由は「人がいない」からです。

仕事を任せられた本人は、人がいないからなんて気づいていません。

なのでその人は「重要な仕事を任せられた」「自分がこの仕事を任せられたから、やらないといけない」と思ってしまうのです。

こういう人は精神が病みやすいのですぐに辞めることをおすすめします。

・自分が辞めた後のことを考える

自分が辞めたら他の人に迷惑がかかると思って辞めたいのに、ずっと残っている人がいます。

基本的にブラック企業はずっと忙しいです。

「こんな忙しいいのに、今辞めたら皆に迷惑がかかる」「今辞めたら周りから嫌な目で見られそう」など思いずっと残ったまま。

辞めたらもう関わることもありません。

何も気にせずに辞めることをおすすめします。

他人の心配より、将来の自分の心配をしましょう。

・転職を考える余裕がない

ブラック企業で働いていると日々の業務に追われます。

それもかなりの量の仕事をしなければなりません。

なので「転職しよう!」「仕事を辞めよう」なんて考える余裕がありません。

もしあなたの友達や身近な人に「いつも仕事で疲れ切っている」「最近活力がない」など

この人大丈夫かな?と思える人がいたら助けてあげてください。

・ブラック企業に洗脳されている。

たとえば

「みんな〇〇だから」と言う。

・みんな残業しているから

・みんな残業代もらってないから

・みんな休みをとってないから

などと言い「みんなこうなんだからお前もこうしろ」「会社はこれが普通なんだ」と言って洗脳してきます。

更に長時間労働や休日出勤でその人の思考力を奪い少しづつ洗脳していきます。

洗脳されていても自分ではなかなか気づきません。

「この会社おかしいな?」と思える間にすぐに転職しよう。

・辞めたいって言えない

仕事を辞めたいって言えない人は多くいると思います。

理由は「上司に退職の話をしづらい」「同僚に申し訳ない」「退職日まで気まずくなりそう」などなど。

でもそんなことを言ってる場合じゃありません。

あなたは「ずっとこの会社で働きたいですか?

ブラック企業で働けば働くほど身も心もボロボロになり最悪の場合社会復帰できなくなります。

どうしても言えないのであれば転職代行サービスを使うのも考えましょう。

おすすめ退職代行サービス
退職代行J-NEXT:”印刷済み退職届や白封筒が自宅に届きます。
記名してポストに入れるだけ。(切手不要)安くて簡単に退職できます。返金制度もあります。辞めたいだけの方におすすめです。
退職110番:労働問題専門の弁護士法人が運営するサービスです。
未払い金請求やセクハラ、パワハラなど損害賠償にも対応!
法律のプロだから安心して任せれます。
トラブルなく確実に辞めたい方、損害賠償を請求したい方におすすめです。
退職ガーディアン:東京労働経済組合が運営する退職代行サービスです。
会社との交渉もできて、料金も少し安めです!
会社との交渉もしたくて、料金を抑えたい人におすすめです。

2.外的理由

・会社が辞めさせてくれない

会社としてもせっかく入ってきた人材を手放したくないので引き止めてきます。

若い人に多いのですが、「しんどい」「給料が安い」「時間が長い」と言って辞めようとします。

ですが会社は「もう少し頑張ってくれ」「次が見つかるまで待ってくれ」「どこで働いても同じ」「もう一度考え直して」などどいって、あの手この手で引き止めてきます。

「じゃあもう少しだけ」「人が見つかるまで」と思い残る人が多いです。

そして何回も同じことを繰り返してずっと残っている人もいます。

ブラック企業は僕たちを奴隷のように働かせます。

「もうこの会社はダメだ」と思ったらすぐに辞めましょう。

どうしても辞めさせてくれなかったら退職代行サービスを使うのも一つの手です。

・親や妻が辞めさせてくれない

まずは親です。

親の世代は終身雇用制度の中で働いてきた世代です。

新卒でそれなりに大きい会社に入社して、安定した会社で正社員で働きそのまま定年する。

でもこれは昔の働き方です。

今は転職をしてスキルアップしたり新しいことにと挑戦するのが普通になってきています。

妻の場合は家計を管理する上での不安があります。

給料が減ったり就職先が見つからなかったどうしようなど。

子供がいればなおさらです。

よく話し合い、説得して、すぐには辞めずに転職先を先に見つけましょう。

ブラック企業で働き続けるのは危険

ブラック企業で働き続けると最悪の場合命の危険もあります。

有名なのは電通の過労死事件です。

本当にそんなことあるの?と思うかもしれませんが2020年現在でも過労で亡くなった人もいます。

ブラック企業は長時間労働や休日出勤など労働環境が悪いです。

精神的にも辛いです。

そのまま働き続ければ身体はもちろん、精神的にもダメージを受けます。

自分は「まだ大丈夫」と思っている人も危険です。

知らない間に少しづつ症状が悪化し最悪の場合、社会復帰が難しくなる場合も。

実際に精神的に追い込まれ、うつ病や他の精神疾患によって退社したり、命を落とした人もいます。す。

ずっとブラック企業で働いていたら、正常な判断もできなくなります。

「この会社やばい」と思えてる間にすぐ逃げ出しましょう。

少しづつでいいから転職活動をしてみよう

ブラック企業でずっと働いてても身体を壊したり、精神的にダメージを受けるだけです。

「時間がない」「転職を考える余裕がない」と思っている人もいるかもしれません。

ですが今の環境でずっと働けますか?

僕もブラック企業で8年ぐらい働いていましたが最終的に精神を病んでしまいました。

「自分は大丈夫」「これが普通なんだ」と思い耐えていましたがついに限界がきました。

もっと早く抜け出せたらこんなことにはならなかったでしょう。

現在はブラック企業を抜け出しました。

休みや労働時間が減ったのに給料は上がっています。

手遅れになる前に少しづつでいいので転職活動をしてみてください。

時間がないのならまずは転職サイトに登録だけしてみるとか。

手遅れになる前に抜け出そう!

まとめ

ブラック企業でずっと残っている人は様々な理由があります。

ほとんどの人が辞めたくても辞めれない人ばかりです。

何度も言いますがブラック企業で働いていてもいいことはなく奴隷のように働かされます。

手遅れになる前に、転職活動を少しづつするなり何か行動しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました